ドローン空撮について


ドローン空撮について。

弊社では国土交通省より日本全国ドローン飛行許可を取得済みですので、
人口集中地区での撮影、人や物件との近距離での撮影、夜間における撮影などが、国土交通省への事前申請不要で最短即日より対応が出来ます。

万一に備え、第三者への賠償責任保険(対人・対物)に加入しております。

より良いサービスが行えるよう最善を尽くさせていただきますが、当日の天候や現場周辺環境の条件等により、撮影が行えない場合があります。

また著しく事故リスクが高いと判断した場合には、安全圏内での撮影もしくは中止とさせて頂く場合があります。予めご了承くださいませ。

詳細な撮影条件につきましては以下の内容をご確認ください。

 

撮影条件

・場所について
高圧線、電波塔、電話基地局、変電所、公共交通高架線付近などでは、ドローンの操縦電波に影響をきたす恐れがあるため飛行が行えない場合があります。

交通量の多い道路上、イベント会場での撮影は事故リスク回避のため行っておりません。

第三者の私有地上空を飛行する場合は、事前に土地所有者もしくは管理者の許可が必要となります。撮影前までに依頼主様より申請を行って頂きます。許可がない場合には該当エリアでの撮影は行えません。

近隣居住者の方への事前説明につきましても依頼主様より行って頂きます。

・天候について
雨天時(霧雨を含む)はドローンの飛行が行えません。

風速が5m/s以上ではドローンの飛行が行えません。

 

ご不明な点などがございましたらお気軽にお問い合わせください。